2016.8.1 税務調査のシーズン?

税務調査には、税務署内で確定申告書を書類調査する「机上調査」と、
納税者のもとに調査官が訪れる「実地調査」があります。

「実地調査」には、強制調査(査察調査)と任意調査があります。

強制調査・・・国税犯則取締法(国犯法)に基づくもので、多額で悪質な脱税容疑者の店舗や自宅を
        調べる調査です。
        調査にくるのは国税査察官(マルサ)

任意調査・・・国税通則法に基づくもので、納税者の承諾を得て任意に行われる調査です。
        調査にくるのは管轄税務署調査官

※任意調査では原則、調査前に一定事項が通知されます。ただし、事前通知してしまうと
正確な事実の把握が困難になると税務署が判断したときには行われません。

いずれにしても、普段よりクリアな帳簿と担当税理士などと連携をはかり業務を行っていれば
調査はそんなに怖〜いものではありませんが、納税者にとってはドキドキものですね。

処理がわからない時は、曖昧な処理をせず、担当の税理士や会計事務所に問合せをして
その都度解決しておきましょうexclamation

 

▲このページのトップに戻る